モルタルの劣化症状


□ひび割れ
(ヘアクラック・クラック)
経年劣化・乾燥過程での収縮・地震や地盤沈下など原因は様々。

□チョーキング
紫外線で塗料の樹脂が劣化し、防水機能が失われている状態。
防水機能が失われ雨水が壁の内部に浸入する可能性。
塗装メンテナンス時期のサイン。

□雨だれ
雨が降り掛かり筋状に汚れとして跡が付いた状態。
窓などの開口部の平面に溜まった埃や汚染物質が、雨水により洗い流されることで発生。
耐久性に影響はないが美観を損なう。

□コケ・藻
塗膜の防水機能が低下し、水が滞留しコケや藻が発生。
コケは「根酸」と呼ばれる酸性物質を放出し、本来アルカリ質であるセメントを中性化させ、素地自体を脆くさせる危険性。
メンテナンスの際には高圧洗浄機で除去する必要
□浮き・剥がれ
経年劣化により壁表面の塗膜の付着力が低下し、塗膜が素地から浮き上がったり剥がれている状態。
ここまで進行すると壁を保護する機能はなくなる。
剥がれた部分から雨水がどんどん浸入してしまうため、早急にメンテナンスをおこなう必要がある。

サイディング劣化症状